しつけのことを考えて、検索していて、わりと近所(車なら・・・)のしつけ教室を見つけました。
それと同時に、空に出会う前に、ペットショップ探しをしていたときに
リストにいれていたショップさんについてのことがつづってあるサイトさんをみつけました。

なぜ、そのお店に足を運ばなかったかというと、
そのお店のまえを車で通り過ぎたときに、ほんのチラリとしかみていないけれど、
きれいな感じがしなかったんです。
HPを見ていても、手広くやっている印象が強くて、ひきました。

さて、今日見つけてしまったそのやめたお店・・・「A」としておきましょう。
Aのことを悪く書いている内容ですが、
かんたんにいうと、Aが各地にイベント的に販売に行くそうです。
そして、環境的に飼う事が難しそうな人へも言葉巧みにわんこたちを売りつけるそうです。
病気の子や弱った子もいるけれど、さっさとひきあげてしまうので、文句も言いにいけないそうです。
(実店舗はありますが、遠いですもんね)
飼えなくなったわんこたちの行く末は、想像を絶する悲しいものです。
Aは、そんなことおかまいなく、商売としてガンガン売りつけるそうです。
わんこたちの「命」は彼らにはモノでしかないみたいです。
そのサイトさんでは「動物商人」と言っていました。

他のお店でも営利優先のところでは、売れ残った動物は、薬殺するとかおそろしいことをやっているところもあるそうです。

私は、ペットショップへ行って空をむかえました。
一般的には「犬を購入した」ということになります。
でも、お店へ支払ったお金は、空の命の値段ではないと思っています。
空を私達の家族に迎えることを認めてくれたことへのお礼のつもりです。
ブリーダーさんへ行くのが、海外ではあたりまえらしいのですが、
どこにブリーダーさんがいるかもわからず、まして、私の場合、空にあって、空を好きになったけれど、
初めは洋犬を見に行ったわけです。
とかなんとか言っても、実際には買う人がいるから売る人がいるんですよね。
同罪なんですよね。
日本ではペットショップは当たり前とはいっても軽率だった気がしました。

空はやんちゃだけれど、とてもいい子です。
(しつけに悩んでいますが、空が悪いのではありませんし)
自分が好きになって、家族として迎えた子だけが幸せっていうのもなんだか複雑です。
命を大事にした商売をしてくれるお店だけになりますように・・・。
営利優先のお店はなくなりますように・・・・。
ペットショップを利用した私は、それを願いたいと思い、今日の日記に書きました。
[PR]
by yachi_sora | 2005-11-14 18:36 | その他
<< しつけ教室検討中 所有欲 >>