リードに魂を!~しつけ教室で私が学んだこと~

市の保健所で行われた1回限りのしつけ教室に行ってきました。
ワンコ連れ7わん、見学者多数。

講師の先生のワンコはシェパードでした!
大型犬に憧れる私は「生シェパードだ!」と心の中で感動!

さてさて時間は2時間・・・長いよ・・・・・と思ったけれど、きっと市のほうでそういう風に頼んだんだろうなぁ。
最後に先生も言っていましたから、今日みたいに長いと集中できないので
家で練習するときは、短めに!って(笑)

空はおよその6ワンを見て、遊びたいモードのため、初めはワンワン言いました。

最初の練習はツルツルすべる床ならしの歩行。
慣れてきたところで「座れ」「フセ」「待て」「こい」「お手」「おかわり」。
指示語は我が家と同じなのでよかったのですが、
空が他のワンちゃんが気になるわ、なめくさってるわ(食べ物ないし)・・・で初めは全然、やりません。
とくに「座れ」はコマンドが家と違うので・・・・・。
指示する手に「ウザイのよ!」と言わんばかりに噛み付こうとしてきたり・・・(本噛みではない)

リードの持つ手が逆であることを知りました。
私、ペーター時代から、ずっと左で持つクセがあって(右利きです)、
持ちやすく感じていましたが、右で持つんだそうです。
そしてリードの先っちょが輪っかになっているので手を通していましたが、てを通さずに持つんだそうです。
その理由は、急に引っ張られたときの人間の体を痛めないようにするためです。
そして、輪っかのところをダラーンとさせておいて、指示してもなめくさってやらないときは
軽く(でも勢いよく)そのダラーンでお尻のほうをはたくそうです。
これは、文章だけだと体罰っぽく感じるかもしれませんが、痛くありません。
そうだなぁ・・・人の赤ちゃんがオイタした時に「めんめ!」と言って、お手てをパチっと叩くってか触ることがあるじゃないですか?あんな感じなのかな・・・痛みではなく、こちらのビシっとした意志を伝えるんです。
(ひとの赤ちゃんに対するような甘い態度ではありませんが)


空がぜーんぜん座らん!!やっぱり食べ物ないとダメか!?
そこでなかなか、その、リード先ではたくってのが抵抗あって出来なかったのですが
やりました。
「何するんじゃぁ、うりゃぁ!」って感じで、案の定、向かってきます(笑)←笑ってる場合じゃないか・・・
そこで、ビシっとリードを引っ張ったりして、これは文章では表せないんだけれど、
とにかくリードにこちらの魂をこめて(ちょっと大袈裟)指示をするようになって
空がやるようになりました。
今後もそんな時は、はたくのは難しいので、リードに魂を込めます!

だんだん疲れてきた空。
疲れてきて動きに勢いがないものの指示に一応答えるようになりました。
・・・・・。
集中力がなくなってやらなくなるならわかるが、全てよほど気がかりなことがない限り答えるようになりました。

「お手」「おかわり」って、しつけの上でどう関係あんのよ!
かわいいだけじゃないの!?って思っていましたが、意味を教えてもらいました。
爪きりなど手をとられても嫌がらないようにするための練習なんだそうです。
あそびで「ごきげんよう♪」ってやっていたので、手を出せば、のっけてくれます。
しかし、「おかわり」はやったことがなくて・・・・。

「座れ」の場合、座らないからとお尻を押すといけないってよく言いますよね。
あれは、お尻を押されることがだんだんイヤになってくると押している人の手にかぶりついてくることもあるからだそうです。
性格にもよるようですが・・・。
「おかわり」の場合は手をとってあげてもいいってことで、オカワリの手を出さない時は手をとって、「オカワリ」といいました。
それを繰り返すうちに、何回かに1回はちゃんと「オカワリ」の言葉で反対のてを出すようになりました。
練習するぞ~!


参加された方が「ドッグランなどではなすと、呼んでも戻ってこない」と相談されました。
ウチもDRじゃないけれど、ハイなときは捕まえられない・・・庭とかでも。
先生は、待て、来いの練習が出来てからそういうところに行かないと
首輪をはなされる=自由に走り回れるってなってしまって、それが定着してしまうと難しいと。
ひたすらリードをつけて練習するように言っていました。
今度、長いの買ってきて、庭で練習します!

「来い」と言ってこないときに、人が近づくと、犬が前に出ずらくなるので、人が下がるといいといわれました。
なるほど~!

単純にやり方だけではなく、意味も一緒に説明されたのでわかりやすかったです。


本当、疲れました、私。
空はもっと疲れたことでしょう・・・・。
でも、毅然とした態度ってのがどういうものなのか見て、なんとなくわかりました。
明日の散歩から、頑張ります!
[PR]
by yachi_sora | 2006-01-19 17:56 | しつけ・練習
<< 肛門腺しぼり 動物実験反対の化粧品 >>