ごはんはじめて物語。

空が食べない、自力で。
手であげたり、なぜかポイと器からだしてマットの上に置くと食べるんだけれど、
半分くらい食べたら、本当は食べたいくせに食べない。

手であげることには賛否両論。
どちらの意見もそうだなぁとなぜか納得してしまう私。
おなかがすくまで出して食べなければ、さげてしまって放っておくってのをやると決めたはずなのに、
器をさげるときに感じるあの悲しそうな視線・・・。
そして、成長期に栄養をきちんととらないと年とってから何かあったら困る・・・(人間の発想ですが)とか、空腹になるのでまた食糞しようとするし・・・と考えるとクールになれなくなってしまい困った。

そこで、黒柴オーナーの大先輩のyukiさんのHPからヒントをいただきました。
yukiさんのワンコくんの場合、の話しだけれど、獣医さんのアドバイスのもとでされた事でもあるので
真似させてもらおうと思いました。
でも、今すぐに我が家で実行は無理で、明日、買い物に行って挑戦してみようと思います。

とりあえず今夜は、キャベツをチンして、冷ましてちぎってのせてみました。
「なんだコレ?」状態で興味を示して食べてくれたのでイイゾって思ったけれど、
結局、残してしまいました。

e0052825_22384937.jpg

[PR]
by yachi_sora | 2005-09-08 22:38 | 食事
<< ごはん はじめて物語 Ⅱ 風 >>